【家庭用脱毛器の使い方】効果的な使い方やコツは?

【家庭用脱毛器の使い方】効果的な使い方やコツは?脱毛
【家庭用脱毛器の使い方】効果的な使い方やコツは?

家庭用脱毛器の使い方を間違うとどんなリスクがある?

家庭用脱毛器の仕組みは?

家庭用脱毛器の仕組みはサロンで受けることができる光脱毛と同じ原理です。

特殊な光を脱毛器から照射し、その光を毛根のメラニン色素に照射しダメージを与えることで脱毛効果を感じることができます。

毛の生えるスピードを遅くしたり、毛量を減らしていくことが期待できます。

ただし、家庭用脱毛器では毛をすべてなくすことはできません。

一般的に言われる永久脱毛はできません。

理由としては家庭用脱毛器ではそこまでの照射パワーをもっていないからです。

永久脱毛ではより強い照射パワーで照射することが必要になってきますが、永久脱毛をするためには医療レーザーを使う必要があります。

医療レーザーは医療機関でしか扱うことができず自宅では使用できません。

家庭用脱毛器では、毛根のメラニン色素に照射し、毛の生えるスピードを遅くしたり、毛量を減らす目的で使いましょう。

※毛根(もうこん)…皮膚よりしたの毛のこと

メラニン色素…肌や毛などの色を構成している色素のこと

家庭用脱毛器のリスク・火傷

家庭用脱毛器のリスクは主に3つあります。

その1つが火傷(やけど)です。

家庭用脱毛器で脱毛をする場合、火傷のリスクはどうしてもあります。

もちろん基本的には家庭用脱毛器は安全に配慮されて作られているため、説明書通りに使えば火傷する可能性はほとんどありません。

ただし、家庭用脱毛器の特性上、肌に照射するので使い方を間違えてしまえば火傷する恐れはあります。

火傷をしないためには、

  • 脱毛前の冷却をしっかりする
  • ムダ毛をしっかり処理する
  • いきなり高い照射レベルで照射しない
  • 日焼けしたあとに照射しない
  • 脱毛後に飲酒やお風呂は控える

など

家庭用脱毛器を購入すると取扱説明書も付いてきます。

取扱説明書をしっかり読み安全に使用しましょう。

家庭用脱毛器のリスク・痛み

庭用脱毛器のリスクの2つ目は痛みです。

肌に直接照射をしていくわけですので、人によっては痛みを感じてしまう場合もあります。

痛みを感じない方もなかにはいますが、実際に打ってみないとどのように感じるかは人それぞれです。

毛の濃い部分だったり、皮膚が薄い部分だとどうしても痛みは感じやすいでしょう。

痛みをできるだけ抑えるためにも次の2点に気をつけて照射をするといいでしょう。

  1. 照射前にしっかり冷却する(保冷剤、冷えたタオル、冷却クーリング機能)
  2. 照射は低い照射レベルから行う

自分の肌の状態を確認しながらまずは慎重に照射してください。

慣れてきたら照射レベルを調整したり、最初からレベルを上げることは良いですが脱毛し始めはとくに丁寧に照射すると痛みをあまり感じることなく脱毛をすることができます。

家庭用脱毛器のリスク・肌トラブル(赤み・痒みなど)

家庭用脱毛器のリスクの3つ目は肌トラブル(赤み・痒みなど)です。

家庭用脱毛器で脱毛をする場合、肌トラブルのリスクもあります。

肌トラブルとは主に

  • やけど
  • かゆみ・かぶれ
  • 毛穴の腫れ
  • 埋没毛(皮膚の下で毛が成長してしまう現象)

など

肌トラブルを防ぐ方法としては

日本製の脱毛器を選んだり、照射レベルを調整できる脱毛器を選んだり、冷却機能付きの脱毛器を選ぶといった方法があります。

海外製の脱毛器だと日本人の肌にあわない可能性もあったりして、肌トラブルが起きてしまう原因になります。

そのため肌トラブルが気になる方は日本人の肌に合わせて作られている日本製の脱毛器を選ぶといいでしょう。

また、照射レベルが調整でき、冷却機能付きの脱毛器があると照射時にも気をつけながら照射が可能です。

肌トラブルが気になる方はこういった機能が付いている脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器を使う前は自己処理をしましょう

事前の自己処理が必要な理由について

家庭用脱毛器を使う前には自己処理が必要です。

自己処理が必要な理由は脱毛効果を上げるためです。

家庭用脱毛器の仕組みが大きく関係してきます。

家庭用脱毛器のほとんどが、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の細胞にダメージを与えて脱毛をしていきます。

そのため、脱毛器で照射する際にムダ毛が長いままだと毛根のメラニン色素に反応しにくくなり、脱毛効果が出にくくなってしまうんです。

また、脱毛効果が出にくくなるだけではなく、ムダ毛部分のメラニン色素に照射が反応してしまうと痛みを強く感じてしまう原因にもなります。

脱毛効果があまりなくて、痛みだけを感じてしまった、なんて嫌ですよね。

自己処理をすることで脱毛効果を上げ、なおかつ痛みも軽減してくれます。

電気シェーバーでの自己処理がおすすめな理由について

家庭用脱毛器を使う前には自己処理が必要なんですが、自己処理には電気シェーバーがおすすめです。

理由は電気シェーバーは肌を傷つけることなく、表面のムダ毛を処理することができます。

自己処理にカミソリを使っている方もなかにはいると思います。

決してダメというわけではありませんが、カミソリだと表面のムダ毛だけではなく肌の表面の角質まで除去してしまいます。

角質まで除去してしまうと乾燥の原因になってしまいます。

乾燥した状態で脱毛をしてしまうと脱毛効果が出にくかったり、照射後の肌トラブルにも繋がります。

そのため自己処理はあまり肌に負担をかけない電気シェーバーで行うといいでしょう。

脱毛サロンやクリニックでも電気シェーバーでの自己処理を推奨しているところがほとんどです。

毛抜きでの自己処理がNGな理由について

家庭用脱毛器を使う前には自己処理が必要ですが、自己処理の方法として毛抜きもあります。

ただし、毛抜きでの自己処理はNGです。

理由は家庭用脱毛器のほどんとは毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の細胞にダメージを与えて脱毛をしていきます。

そうすることで脱毛効果を得ています。

毛抜きで自己処理をしてしまうと、肌への負担が大きく肌トラブルの原因となります。

また、抜けた毛穴に雑菌などが入り込んでしまう可能性もあり炎症の原因となります。

毛抜きで自己処理をすると埋没毛という、皮膚の下で毛が成長してしまう現象の原因にもなります。

埋没毛も肌トラブルの原因となります。

毛抜きでの自己処理はさまざまな肌トラブルの原因となる可能性もあるのでおすすめできません。

脇やVIOは使用直前の処理がおすすめ

家庭用脱毛器を使う前には自己処理が必要ですが、脱毛する部位によって自己処理をする最適なタイミングが変わってきます。

脇やVIOにおいての自己処理のタイミングは、できるだけ直前がおすすめです。

理由としては部位によって毛が生えてくるスピードが違うからです。

ムダ毛があると照射がうまく反応せず高い脱毛効果が得られません。

できるだけムダ毛を処理することで高い脱毛効果を得ることができます。

脇やVIOなど毛が濃い部位は、毛が生えてくるスピードも他の部位に比べて早いです。

そのためできるだけ脱毛器で照射する直前に自己処理をするといいでしょう。

直前に自己処理をすることで脇やVIOでもより高い脱毛効果を得ることが可能になります。

腕や脚は使用の2~3日前の処理がおすすめ

家庭用脱毛器を使う前には自己処理が必要ですが、脱毛する部位によって自己処理をする最適なタイミングが変わってきます。

脇やVIOにおいての自己処理のタイミングは、できるだけ直前がおすすめなんですが、腕や脚は使用の2~3日前の処理がおすすめです。

腕や脚は脇やVIOほど毛が濃い部位ではありません。

そのため2~3日前に自己処理をしても問題ありません。

脱毛器で脱毛する直前だと肌への負担が強くなってしまうので、本来なら2~3日前、あるいは前日くらいに自己処理をするのがベストです。

※脇やVIOは毛の状態から別

また、脱毛器で脱毛をする日に自己処理をするとなると時間もかかってしまい丁寧に照射することができない可能性もあります。

自己処理と照射日をずらすことで照射により集中でき、安全に照射をすることができます。

家庭用脱毛器の正しい使い方・使用頻度は?

1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多い

家庭用脱毛器の購入を検討しているものの、「どのくらいのペースで使ったらいいんだろう?」と気になる方が多いです。
メーカー、脱毛器の機種・性能、家庭用脱毛器を使う目的などによっても使用頻度は変わってきますが、基本的には各部位につき1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多いのが現状です。
毎日使った方が脱毛効果が出そうなイメージがありますが、毎日やっても効果はほとんど変わりませんし、それどころか肌を痛めて脱毛器が使えなくなったりして逆効果となってしまいます。
また毛の生えかわっていくものですが、毎日大量に生えかわるわけではありません。
一度照射したら、しばらくおいて新しい毛が生えてきたときに照射した方が、より効果的に家庭用脱毛器でムダ毛ケアをすることができます。
機種やメーカーによっても違いがあるので、家庭用脱毛器を検討中であれば、その脱毛器の性能もしっかりチェックすることをおすすめします。

毎日の使用は肌負担が大きいためNG

先ほどもお伝えしましたが、毎日の家庭用脱毛器の使用は肌への負担が大きいのでおすすめしません。
というより止めた方がいいでしょう。
肌の奥の毛根にダメージを与える光を照射するのですから、肌へのダメージも相当なものになってしまいます。
また家庭用脱毛器は毛根にダメージを与えられないと、脱毛効果を実感することができません。
効率かつ効果的に家庭用脱毛器を使っていくためにも、毛の生えかわりの「毛周期」のサイクルに合わせて1~2週間に1回使っていくのがおすすめです。
どうしても毎日使いたいという方は、1日ごとに違う部位の照射をしていくのがおすすめです。
月曜日は腕、火曜日は脚、水曜日はVIOといった部位別に曜日を変えて当てていくなら問題はいでしょう。

毛周期に合わせて使用すると効果的

家庭用脱毛器は1~2週間に1回使っていくのが効果的でおすすめとお伝えしてきましたが、さらに「毛周期」に合わせて使用していくとより一層効果を実感することができます。
毛周期とは、毛が生えて抜けていくまでのサイクルで3つの期間があります。
「成長期」「退行期」「休止期」の3つですが、家庭用脱毛器を照射して意味がある、効果を最大限に得られるのは「成長期」の毛のみ。
「じゃあ成長期の毛だけ狙って照射したら完璧なんじゃ?」たしかにそれができれば一番効果的なのですが、残念ながら見た目から成長期の毛だと分かる方法がありません。
ただ、成長期はだいたい1~2週間に一度は来るので、家庭用脱毛器も同じ頻度の1~2週間に一回で使っていくことで、結果毛周期に合わせて使うことになり効果的なのです。

毛周期・成長期とは?

「成長期」とは、名前のとおり毛が成長していく時期のことです。
毛が成長していくには毛根の内部にある毛母細胞に養分が供給されて活動を活発になる必要があります。
毛母細胞が活発になるとメラニン色素が濃くなってきます。
家庭用脱毛器の光やレーザーは、毛根のメラニン色素に反応するので、メラニン色素が濃いほど家庭用脱毛器の効果がアップします。
メラニン色素が濃い成長期の毛は脱毛に最適な毛といわれる所以でもあります。

毛周期・退行期とは?

続いて「退行期」の毛ですが、コチラも名前は毛が抜ける準備に入る時期のことです。
毛の成長も止まるので、毛母細胞の活動もほとんどなくなってしまいます。
毛母細胞の活動が停止するのとともに、メラニン色素が急激に薄くなってきます。
ムダ毛があっても毛根にメラニン色素がないと、家庭用脱毛器をいくら照射してもほとんど脱毛効果が得られません。
退行期の毛は家庭用脱毛器を使わなくても自然と抜け落ちてきます。
家庭用脱毛器を使った後に毛が抜けて「効果があった!」と思っても、しばらくしたらまた同じ場所に毛が生えてきた、というときは、退行期に家庭用脱毛器を照射したものと考えられます。

毛周期・休止期とは?

最後に毛周期の3つ目「休止期」ですが、こちらは家庭用脱毛器の使用に最も適さない時期になります。
休止期は、毛が完全に抜け落ちて新しく毛が生えてくるまでの準便期間です。
そのため、毛根自体がなく、毛乳頭にもメラニン色素がほとんどありません。
毛根もなくメラニン色素もほとんどない期間なので、いくら脱毛器を使っても反応がほとんどありませんので、ムダうちとなってしまいます。
見た目でも毛が生えていないので分かりやすいのも休止期の特徴です。
照射箇所にムダ毛がほとんど生えていなければ、休止期の毛が多いと考えれらますので、その日は照射せずしばらくして毛が生えてきてから照射した方が効果的でおすすめです。

継続使用をしましょう!2~3カ月の使用で脱毛効果を実感する人が多い

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて1~2に1回のペースでの使用がほとんとのメーカーで推奨されています。
毛周期の「成長期」の毛に照射するのが最も効果的なのですが、見た目では判断することがほぼできません。
そのため、成長期だけでなく退行期・休止期の毛にも同時に照射することになるので、2~3回の照射ではなかなか脱毛効果が実感しにくいかもしれません。
それでも継続して家庭用脱毛器を使っていくと、全ての毛にまんべんなく照射できるので、徐々に効果が実感できてきます。
個人差ありますが一般的には、2~3ヶ月続けて家庭用脱毛器を使っていくと脱毛効果を実感できている人が多いです。
最初は毛が多いし慣れていなくて痛みが強く大変かもしれませんが、続けていくことで毛が薄くなり痛みも軽減されてくるので、頑張って継続することがおすすめです。

痛くない家庭用脱毛器の使い方

事前の自己処理は必ず行いましょう

家庭用脱毛器の効果を高めるためには、事前に自己処理をしておく必要があります。

脇やデリケートゾーンなどの、毛が密集している部位では、脱毛をする直前に自己処理をするのがお勧めです。

脇やデリケートゾーンのむだ毛は、太くて固い傾向があるので、むだ毛の処理に時間が掛かってしまいます。

使用する直前に自己処理をして、むだ毛を短くしておくことで脱毛効果を高めることが出来ます。

腕や脚などの目立つ部位は、2、3日前ぐらいに自己処理を済ませておくのがお勧めです。

家庭用脱毛器は、自己処理をしないで使用すると、十分な脱毛効果を得るのが難しくなります。

仕事や育児、家事などの合間を利用して、自宅でむだ毛の処理が出来るのが魅力です。

家庭用脱毛器を使用する前は、安全性が高く、低刺激でお肌に優しい電気シェーバーを使用すると良いでしょう。

出力レベルは段階的に上げましょう

家庭用脱毛器は、機種によっても多少は違いますが、5段階から10段階ぐらいまで調節が出来るのが特徴です。

事前にパッチテストをして、皮膚に赤みや痒みが出ない時は、問題なく使用することが出来ます。

火傷を未然に防ぐためには、最初は弱い出力から照射をすることが大事です。

慣れてきたら、少しずつ出力を上げていくことで、脱毛効果を高めることが出来ます。

顔や脇、デリケートゾーンなどの、皮膚が薄くて弱い部位は、最初は弱い出力から始めて、少しずつ調整をしておくのがお勧めです。

デリケートゾーンのIラインやOラインは、粘膜部分があるので、粘膜以外の部分に光を照射する必要があります。

粘膜の部分は照射は出来ないので注意が必要です。

少しずつ出力を上げていくことで、毛が太くて密集している部位でも、短時間で処理することが出来ます。

照射の前後でしっかり冷却しましょう

家庭用脱毛器は、安全性に優れていますが、レーザーや光を照射した後は、普段よりも皮膚が敏感でデリケートになっています。

痛みを最小限に抑えるためには、脱毛をする前に保冷剤などで冷却をしておくと良いでしょう。

脱毛後は皮膚が熱を持っている状態なので、保冷剤や家庭用脱毛器の冷却機能を使用して、クールダウンをしておく必要があります。

クールダウンをすることで、皮膚の赤み、痒み、ひりひりするのを防ぐ効果があります。

デリケートゾーンなどの毛が密集している部位は、痛みが強い傾向がありますが、クールダウンをしておくことで軽減することが出来ます。

肌荒れを未然に防いだり、肌トラブルを避けるためには、クールダウンを必ずしておきましょう。

数多くの商品が販売されていますが、冷却機能が付いている商品を選んでおくと保冷剤を用意する手間が省けます。

照射後はしっかり保湿しましょう

家庭用脱毛器を使用した後は、皮膚が乾燥しやすく、敏感になっています。

皮膚が乾燥すると、皮膚の赤み、痒み、肌荒れなどの原因になってしまいます。

脱毛後は保冷剤、家庭用脱毛器の冷却機能を使ってクールダウンをしておきましょう。

クールダウンをした後は、保湿効果の高い基礎化粧品を塗っておくことが大事です。

基礎化粧品を使用することで、皮膚に潤いを与えて、肌荒れを防ぐことが出来ます。

乾燥肌や敏感肌の人は、普通肌の人に比べると肌荒れがしやすい傾向があります。

美容成分が豊富に含まれている基礎化粧品を購入しておくことで、スキンケアをすることが出来ます。

家庭用脱毛器を使用した後は、必ず保湿をしておきましょう。

保湿をしておくことで、毛穴が目立たなくなったり、埋没毛を防ぐことが出来ます。

毛穴を引き締めることが出来るので必ず実践しましょう。

生理前など肌が不安定な時の使用は控えましょう

女性には月経周期のサイクルがあるので、生理前や生理中は体調が優れず、肌荒れがしやすい傾向があります。

男性に比べるとホルモンの影響を受けやすく、生理前や生理中は肌トラブルが発生しやすいです。

皮膚のみ、痒み、肌荒れを防ぐためには、なるべく生理中は使用しないことが大事です。

生理中は貧血をしたり、腹部の痛み、倦怠感、眠気などで体調が良くない人がほとんどです。

生理が終わると、エストロゲンの分泌が活発化するので、お肌の調子が良くなり、体調が整ってきます。

生理が終わると問題なく、家庭用脱毛器を使用することが出来ます。

妊娠中、授乳中の人は、普段よりも体の調子が優れず、肌荒れをしやすい傾向があります。

妊娠中、授乳中などは、家庭用脱毛器は使用せず、電気シェーバーなどで脱毛をしたほうが良いでしょう。

健康な時は問題なく使用することが出来ます。

使用可能な部位を守りましょう(粘膜への照射はNG)

家庭用脱毛器は、顔やデリケートゾーン、脇、手足のむだ毛が処理できるのが魅力です。

口コミで人気の高い商品は、デリケートゾーンやヒゲ脱毛が出来るのが魅力です。

デリケートゾーンは、IラインやOラインには粘膜があります。

基本的には粘膜の部分は、光やレーザーは照射出来ないので注意が必要です。

粘膜のすれすれまで、レーザーや光は照射することが出来ますが、火傷をしないように、最初は出力を弱めてから使用すると良いでしょう。

IラインやOラインは、粘膜部分があるので火傷をしないように、十分に注意をして使用する必要があります。

基本的には顔脱毛が出来る商品が多いですが、鼻下や口の周りなどの、皮膚が薄くて弱い部位は、出力を弱めておくことが大事です。

脱毛したい部位に合わせて、出力を調整することが出来るので安心して使用出来ます。

家庭用脱毛の使い方のコツまとめ

この記事では家庭用脱毛器の効果的な使い方や痛くない脱毛器の使い方を紹介しました。

家庭用脱毛器を使用する前に自己処理をすることでより高い脱毛効果を得ることができ、その上肌トラブルを防ぐこともできます。

脱毛器で脱毛する前には必ず自己処理をしましょう。

自己処理におすすめなのが電気シェーバーです。

また、家庭用脱毛器には適切な使用頻度もあります。

使用頻度は成長期に合わせて1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーがほとんど。

毛周期に合わせて脱毛をすることでも高い脱毛効果が期待できます。

最後には痛くない家庭用脱毛器の使い方もまとめています。

出力レベル、照射前後の冷却、照射後の保湿など、安全に効率良く脱毛をするためにぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました