【家庭用脱毛器の効果はいつから?】効果が実感できる脱毛器はどれ?

【家庭用脱毛器の効果はいつから?】効果が実感できる脱毛器はどれ?脱毛
【家庭用脱毛器の効果はいつから?】効果が実感できる脱毛器はどれ?
  1. 家庭用脱毛器で得られる効果は?
    1. 家庭用脱毛器では永久脱毛はできない
    2. 永久脱毛の定義とは?
    3. 永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけ
    4. 家庭用脱毛器は継続使用で抑毛・減毛効果が得られる
  2. 家庭用脱毛器の効果がいつから効果が実感できる?効果的な使い方は?
    1. 家庭用脱毛器の使用頻度は1~2週間に1回
    2. 家庭用脱毛器で効果を実感できる期間は2~3カ月
    3. 脇、VIOなど毛が濃く太いパーツは効果の実感に時間がかかる
    4. 腕、脚などは効果の実感までが早い
  3. 家庭用脱毛器の種類や機能について
    1. 家庭用フラッシュ(光)脱毛器の特徴
    2. 家庭用レーザー脱毛器の特徴
    3. カートリッジ交換式と本体交換式の特徴について
    4. 冷却クーリング機能について
    5. タッチセンサー機能について
    6. 照射レベル調整機能について
  4. 家庭用脱毛器で脱毛効果が得られる仕組み
    1. 家庭用脱毛器の仕組みとは?
    2. 脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない
    3. 毛周期について
    4. 脱毛効果が実感しやすいケース・濃く太い毛
    5. 脱毛効果が実感しにくいケース・産毛や細い毛
  5. 脱毛効果が高い!人気の家庭用脱毛器5選
    1. 【ケノン】エムロック
    2. 【脱毛ラボホームエディション】脱毛ラボ
    3. 【シルクエキスパート】BRAUN
    4. 【LAVIE】ラヴィ
    5. 【トリア パーソナルレーザー脱毛器X4】トリア
  6. 家庭用脱毛器の効果はいつから実感できる?のまとめ

家庭用脱毛器で得られる効果は?

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

家庭用脱毛器で永久脱毛することは残念ながらできません。永久脱毛が可能なのは医療機関でしかできない「医療行為」になります。なので、家庭用脱毛器以外でも脱毛サロンなどは永久脱毛ができないんですね。

毛根の組織を破壊することで永久脱毛することが可能となっています。この毛根の組織を破壊するのは実は医療行為なんです。脱毛サロンや家庭用脱毛器では、あくまでも毛量を減らしたり、細くしたりするものという理解が必要です。

ただ、家庭用脱毛器よりも脱毛サロンの方が出力レベルが高いのでもっと早く効果をより感じることができます。しかし、家庭用脱毛器の自宅で居ながらむだ毛の処理が出来るという点は魅力的ですよね。

家庭用脱毛器も脱毛サロンもどちらも完全な永久脱毛は出来ないことはしっかりと頭に入れておきましょう。

永久脱毛の定義とは?

「永久脱毛」というと、永久にムダ毛が生えてこない、というイメージがありますが、実は永遠にムダ毛が生えてこないという訳ではないんです。「永久脱毛」という言葉の定義は、正式に定められており以下のような内容です。

・脱毛の施術完了後から1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であること。
・レーザーを3回照射後6カ月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態。

定義を見ていただくと分かるように、永久脱毛をうたっているサロンやクリニックに通って脱毛しても、ムダ毛はゼロにはなりません。また、永久脱毛は毛根を破壊するレーザーを照射するのですが、これは医療行為にあたるので医療脱毛クリニックでしか行えません。

また家庭用脱毛器や脱毛機器サロンの「光脱毛」は、不再生脱毛や制毛処理と呼ばれており、厳密にいうと永久脱毛ではありません。

永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけ

永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけです。医療脱毛とニードル脱毛が受けれるのは脱毛クリニックのみです。脱毛サロンでは受けることができない施術内容になります。

医療脱毛とは、医療従事者が医療用のレーザー脱毛機を使用し、毛根の細胞のみを選択的に破壊する脱毛方法です。ニードル脱毛とは、針脱毛とも言います。

毛穴に細い針を入れ、毛根に弱い電流を流すことで毛を増やす機能をもつ細胞を破壊する脱毛方法です。どちらの脱毛方法も毛を生やす機能を破壊するため、半永久的に脱毛効果が期待できる脱毛方法です。

医療脱毛で使用するレーザー脱毛機も、ニードル脱毛で使用する機器も医療機器なので医師や看護師のみが施術をすることができます。そのため医療脱毛とニードル脱毛を受けるには医療期間(脱毛クリニック)に行く必要があります。

家庭用脱毛器は継続使用で抑毛・減毛効果が得られる

家庭用脱毛器は永久脱毛はできませんが生えるのが遅くなったり毛を減らすことができます。もちろん、家庭用脱毛器でもツルすべ肌に状態まで持っていくことができますよ。ただ、完全な永久脱毛ではないのでしばらくすると生えてきてしまいます。

脱毛サロンよりも時間はかかってしまうのですが気軽にいつでもできるのが家庭用脱毛器の良い所!脱毛サロンと違っていつでも照射することができるので生えてくるようになったらまた照射していけばいいだけなので気持ち的には楽ですよね。

いつでもどこでも自分のペースで使えるのが家庭用脱毛器の良い所です。何回も繰り返し照射することで脱毛サロンに近い状態に持っていくことが可能です。

家庭用脱毛器の効果がいつから効果が実感できる?効果的な使い方は?

家庭用脱毛器の使用頻度は1~2週間に1回

家庭用脱毛器の使用頻度は1~2週間に一回が目安です。サロンやクリニックの脱毛に比べるとかなり脱毛間隔が短いのでそんなに頻繁に家庭用脱毛器が使えるか不安な方もいるでしょう。

しかし、家庭用脱毛器は仕事帰宅後の遅い時間でも問題なく脱毛照射できるので、忙しくてサロンやクリニックには通えなかった方でも脱毛スケジュールが立てやすいです。また一度に全身に照射せずに、部位ごとに毎日もしくは2~3日に一回ずつ短時間で脱毛することもできます。

部位別に脱毛する頻度を変えると、さらに効果を実感しやすくなるので、余裕のあるかたは部位別に脱毛頻度を変えるのがおすすめです。ただし、毎日同じ部位に照射したり、1~2週間に1回のペースより短い間隔で家庭用脱毛器を使っても効果はほとんど変わりませんし、むしろ肌を傷つけてしまい逆効果になってしまいます。家庭用脱毛器の使用頻度を守りつつスケジュールを立てて脱毛継続していくのが成功への近道です。

家庭用脱毛器で効果を実感できる期間は2~3カ月

家庭用脱毛器で効果を実感できる期間は2~3ヶ月と言われています。もちろん、部位や毛の濃さ・量によって得られる効果が違ってくるので個人差はあります。多くのメーカーが推奨している使用頻度は使い始めは1~2週間に1回程度。

2~3ヶ月後からは徐々に脱毛効果もでてくるでしょうから、使用頻度を落としていくといった流れになるでしょう。使いはじめてどのくらいしたら?何回目の脱毛から効果があるのか?など先程も書いたように個人差があることを理解した上で参考にしてください。

腕や脚は6~8回、脇やVIOなど毛が濃く太い部分は8~10回、顔や背中など産毛や毛が細い部分は6回目以降。期間でいうと2~3ヶ月程度で効果がでてくるイメージとなります。

脇、VIOなど毛が濃く太いパーツは効果の実感に時間がかかる

脇やデリケートゾーンは、毛が太くて密集している部位なので、家庭用脱毛器では、脱毛効果を実感するのに時間が掛かります。ビキニライン、Iライン、Oラインなどは、自己処理が難しい部位です。

家庭用脱毛器は、IラインやOラインの粘膜部分は使用出来ないので、火傷をしないように注意をする必要があります。粘膜以外の部位は脱毛が出来るので、出力を調整しながら慎重に行うことが大事です。

家庭用脱毛器は、脇やデリケートゾーンも処理出来ますが、永久的な効果を得たい場合は、医療機関の医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の施術を受けるのがお勧めです。

医療機関では、痛みに敏感な場合は麻酔クリームを塗ってくれるので、痛みを最小限に抑えることが出来ます。家庭用脱毛器で、デリケートゾーン、脇などの自己処理をする時は、保冷剤でクールダウンをしましょう。

腕、脚などは効果の実感までが早い

腕、脚などは効果の実感までが早いと言われている部位です。背中や顔ほど毛が薄かったり細くなく、ワキやVIOほど濃くて太いわけでもない。腕や脚は適度に毛が生えているので他の部位に比べて効果を実感しやすいと言われています。

もちろん腕や脚は毛の濃さや量、太さの個人差も出やすい部位かと思います。そのため脱毛効果を実感する期間は人それぞれでしょう。一般的に背中や顔、ワキ、VIOよりかは効果が実感しやすいというわけです。

毛が薄く細くもないので反応しずらくない、濃く太くもないので効果が出やすい。腕や脚などは脱毛においてちょうど良く、処理しやすい毛が生えている箇所言えるのでしょう。このような理由から腕や脚は脱毛の実感までが早いと言われています。

家庭用脱毛器の種類や機能について

家庭用フラッシュ(光)脱毛器の特徴

家庭用フラッシュ脱毛器は、インターネット通販の専門店、家電量販店などで購入することが出来ます。家庭用フラッシュ脱毛器の特徴は、毛が生えている部分に光を照射することで、毛根からむだ毛を処理することが出来ます。

冷却装置が搭載していない場合は、脱毛後に保冷剤などを使ってクールダウンをすることで、皮膚が赤くなったり、痒くなるのを防げるのが特徴です。家庭用フラッシュ脱毛器の特徴は、痛みが少なく、一度に広範囲にむだ毛の処理が出来る点です。

脱毛したい部位に合わせて、出力を調整することが出来るので、回数を重ねるごとに抑毛、減毛効果が期待出来ます。家庭用フラッシュ脱毛器は、コンパクトな形状になっており、痛みが少ないのが特徴です。

家庭用フラッシュ脱毛器は、比較的リーズナブルな価格で販売されています。10万円以下で購入できる商品が多いです。

家庭用レーザー脱毛器の特徴

家庭用脱毛器のもう1つの種類が家庭用レーザー脱毛器。家庭用レーザー脱毛器の特徴としては、脱毛効果がでやすい点です。レーザー式の脱毛器は永久脱毛(脱毛クリニック)が受けることができる医療脱毛と同じ仕組みです。

当然、脱毛クリニックで受けられるような照射パワーではなく、安全性を考慮してパワーが抑えられていますが、フラッシュ(光)脱毛よりも効果がでやすいと言われています。フラッシュ(光)脱毛と違い、照射口が小さくピンポイントで狙い撃ちをするイメージです。

フラッシュ(光)脱毛よりも効果がでやすいと言われている反面、痛みもフラッシュ(光)脱毛より強いです。フラッシュ(光)脱毛よりもパワーが強いためです。そのため、痛みに弱い方や敏感肌・皮膚が弱い方にはあまりおすすめできません。

カートリッジ交換式と本体交換式の特徴について

家庭用脱毛器にはカートリッジ交換式と本体交換式の脱毛機があります。カートリッジ交換式とは、照射口の部分が取り外しできて交換できる脱毛器のことです。主なカートリッジ交換式の脱毛器はケノン(エムロック)、光エステ脱毛器 LAVIE(LAVIE)があります。

カートリッジ交換式の特徴としては、カートリッジを変えることで1つの脱毛器を複数人で使用できます。衛生上同じカートリッジで使い回すのはよくありませんが、取り外しができるので家族と共用を考えている場合などには適しています。

本体交換式とは、カートリッジ式とは違い照射できる回数が決められておりその回数を打ち終えてしまうとその脱毛器は使えません。これが本体交換式といいます。本体交換式の特徴としては、そもそもの照射可能回数が半端なく多いという点です。

本体交換式の脱毛機である脱毛ラボ、SMOOTHSKIN pure fitはカートリッジを交換しなくてもそもそも年も使えるくらいの照射回数の設定がされているんです。交換なく十分に使うことができたんです。

冷却クーリング機能について

家庭用脱毛器には、冷却クーリング機能が搭載している商品があります。脱毛後は皮膚が熱を持っている状態なので、普段よりも皮膚がデリケートになっています。家庭用脱毛器の冷却クーリング機能を使用することで、熱を持った部分のクールダウンが出来ます。

クールダウンをすることで、皮膚の赤みや痒み、肌荒れなどを未然に防ぐことが出来ます。家庭用脱毛器には、冷却クーリング機能が搭載していない商品もあります。機能が付いていない場合は、保冷剤を準備してから、脱毛後に冷やしておくことが大事です。

数多くの商品が販売されているので、じっくりと時間を掛けて選びましょう。家庭用脱毛器には、10万円以下の商品がありますが、冷却クーリング機能が欲しい場合は、お値段が高めの商品を選ぶと良いでしょう。クールダウンをすることで、肌トラブルを未然に防げます。

タッチセンサー機能について

タッチセンサー機能とは、照射部分が肌に触れたときにしか光やレーザーが照射されない仕組みのことです。タッチセンサー機能が搭載されていると、肌に触れる前に照射したりとか、脱毛箇所以外の部分を照射したりといったムダうちが減るので、カートリッジや本体の寿命も伸びて経済的に家庭用脱毛器を使い続けることができます。

また、皮膚にタッチしているときしか照射しないので、間違えてボタンを押して顔や目に照射してしまうといったトラブルを回避しリスクを大きく減らしてくれます。小さな子供がいる家庭で家庭用脱毛器を使う際は、タッチセンサー機能を搭載していると、子供が間違って使ったりしても事故になることなく安心して家庭用脱毛器を使えます。

照射レベル調整機能について

多くの家庭用脱毛器に照射レベル調整機能という機能がついています。照射レベル調整機能とは、その名の通り照射レベルを調整できる機能がついているわけなんですが、肌や毛の状態、部位によって照射レベルを変えることでより効率的に脱毛をすることができます。

照射レベル調整機能が付いている主な家庭用脱毛器は次のとおりです。家庭用脱毛器では搭載されていて当たり前の機能になってきています。毛の量や部位によって照射レベルを調整してより効率的に脱毛をしましょう。

  • シルクエキスパート(BRAUN):10段階
  • SMOOTHSKIN pure fit(CyDen):10段階
  • 光エステ脱毛器 LAVIE(LAVIE):7段階
  • パーソナルレーザー脱毛器4X(トリア):5段階
  • 脱毛ラボホームエディション(脱毛ラボ):5段階

家庭用脱毛器で脱毛効果が得られる仕組み

家庭用脱毛器の仕組みとは?

家庭用脱毛器の仕組みはサロンで受けることができる光脱毛と同じ原理です。特殊な光を脱毛器から照射し、その光を毛根のメラニン色素に照射しダメージを与えることで脱毛効果を感じることができます。毛の生えるスピードを遅くしたり、毛量を減らしていくことが期待できます。

ただし、家庭用脱毛器では毛をすべてなくすことはできません。一般的に言われる永久脱毛はできません。理由としては家庭用脱毛器ではそこまでの照射パワーをもっていないからです。

永久脱毛ではより強い照射パワーで照射することが必要になってきますが、永久脱毛をするためには医療レーザーを使う必要があります。医療レーザーは医療機関でしか扱うことができず自宅では使用できません。

家庭用脱毛器では、毛根のメラニン色素に照射し、毛の生えるスピードを遅くしたり、毛量を減らす目的で使いましょう。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない

家庭用脱毛器は、毛周期のサイクルに合わせて使用することで、抑毛、減毛効果が期待出来ます。むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、成長期、休止期、退行期などがあります。皮膚の表面に出ている毛は、成長期の毛です。

家庭用脱毛器のフラッシュは、成長期の毛にしか反応しないので、まだ表面に出ていない毛にはダメージを与えることが出来ません。成長期のむだ毛は処理できるので、1週間から2週間に1回使用することで、少しずつむだ毛を減らすことが出来ます。

エステサロンの光脱毛とは違って、毛が太くて密集している部位は、脱毛効果を実感するのに時間が掛かってしまいます。家庭用脱毛器を購入する時は、一度に広範囲にむだ毛の処理が出来る商品を選んでおくと良いでしょう。家庭用脱毛器は、成長期の毛にしか反応しないので、きちんと覚えておく必要があります。

毛周期について

毛周期とは毛が生まれ変わるサイクル(周期)のことです。家庭用脱毛器はもちろん、脱毛サロンやクリニックで脱毛をする際にこの毛周期が大きく関係してきます。多くの場合が毛周期における「成長期」に脱毛をすることで高い効果が期待されていたんです。

毛周期は大きくわけて3つの期間・段階からなります。

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

毛周期は成長した毛が抜けて次の毛が生えてくるまでの流れになります。この周期をずっと繰り返しているわけですが、脱毛をする際には成長期に脱毛することがとても重要です。成長期はメラニン色素が濃くなり脱毛器の光が反応しやすいため高い脱毛効果が期待できます。毛周期は脱毛をする際にとても大事な基準・指標となります。

成長期とは?

脱毛をするのは毛周期における成長期です。成長期とは、名前の通り毛が成長している時期です。成長しているので毛が伸びているわけですが、成長期のなかでも期間を大きく2つに分けることができます。

それは成長期前期と成長期後期です。成長期前期は毛根にある毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返して、毛が成長していく期間です。成長期後期は肌の表面に毛が伸び、退行期に入るまでの期間です。

成長期後期のほうが期間的には長くなるイメージです。目に見える毛が生えてきたからといってずっと伸び続けるわけではないですよね。個人差はありますが毛の成長は一定の長さになると止まります。脱毛をする場合にはこの成長期(前期・後期)に照射することが大切になってきます。

退行期とは?

むだ毛には、毛周期のサイクルがありますが、退行期について理解しておく必要があります。退行期は、むだ毛の生えてくる勢いが弱くなっており、皮膚の表面に留まっている状態です。毛の勢いが落ちているので、毛抜きなどで抜くと簡単に抜けることがあります。

退行期のむだ毛は、細くて弱い状態ですが、毛周期のサイクルが活発化すると、すぐにまた毛が生えてきます。成長期は、毛が太くて黒いので、皮膚に生えてくると目立つので悩んでいる人が少なくありません。

医療機関では、毛周期のサイクルに合わせた脱毛を行っているので、永久的な効果を実感したい人に向いています。家庭用脱毛器は、自分の毛質、毛量、肌質に合った商品を選ぶことで、脱毛効果を高めることが出来ます。退行期が過ぎると、また毛の勢いが出てくるので、定期的なむだ毛の処理が必要です。

休止期とは?

毛周期のサイクルの一つ「休止期」について紹介します。休止期は、毛の成長が止まって、次の毛が生えるまでの準備期間のことです。休止期は毛が毛根から完全に抜け落ち、新しい毛を生やす準備を始める時期なので、皮膚の表面に毛が出ていないので目視で確認することが難しいです。

休止期は、そもそも毛がない場合もありますし、新しい毛が生えてくる準備期間でもあるので毛根にメラニン色素が少ない時期でもあります。メラニン色素がないと、家庭用脱毛器の光を当ててもほとんど反応してくれません。そのため、休止期のムダ毛にはいくら照しても効果がなくムダうちになるケースが多いです。

脱毛効果が実感しやすいケース・濃く太い毛

家庭用脱毛器に限らず脱毛をする場合、脱毛効果を実感しやすいケース・脱毛効果を実感しにくいケースがでてきてしまいます。ここでは毛質の違いから効果を実感しやすい・しにくいを比較していきます。脱毛効果を実感しやすいケースとしては濃くて太い毛の箇所は比較的脱毛効果を感じやすいと言われています。

一般的に家庭用脱毛器は脱毛器から照射される光を毛根のメラニン色素に照射しダメージを与えることで脱毛効果を感じることができます。太くて濃い毛の箇所はメラニン色素への反応も良くなるため、産毛や細い毛に比べて脱毛効果を感じやすいと言われています。濃くて太い毛のある箇所と言えばVIO、ワキ、スネ毛などが上げられるでしょう。

脱毛効果が実感しにくいケース・産毛や細い毛

脱毛効果を実感しにくいケースとしては産毛や細い毛の箇所は脱毛効果を感じにくい言われています。家庭用脱毛器の多くは脱毛器から照射される光を毛根のメラニン色素に照射しダメージを与えることで脱毛効果を感じることができますが、産毛や細い毛の箇所だと目ライン色素への反応も薄くなってしまいます。

反応が薄いと脱毛効果を少なくなってしまい効果を実感しにくくなります。産毛や細い毛のある箇所と言えば背中、顔、太ももなどが上げられるでしょう。背中、顔、太ももはしっかりした毛が生えているというよりかは薄く細い毛が生えている方が多いのではないでしょうか。

産毛や細い毛のほうがすぐに脱毛できそうに感じてしまいそうですが、高い効果を実感できるのは濃くて太い毛が生えている箇所になります。

脱毛効果が高い!人気の家庭用脱毛器5選

【ケノン】エムロック

ケノンのエムロックは、数多くの雑誌やSNSなどでも紹介されており、口コミでも評価の高い家庭用脱毛器です。安全性が高く、痛みの少ない光脱毛器です。専用のカートリッジが付いているので、脱毛をする前に設置する必要があります。

一度に広範囲に照射をすることが出来るので、短時間でむだ毛の処理が出来ます。10段階に出力を調整出来るので、皮膚が薄くて弱い部位でも、きれいにむだ毛の処理が出来ます。ケノンのエムロックは、美肌効果の高い脱毛が出来るので、毛穴を目立たなくしたり、埋没毛などを防ぐことが出来ます。

インターネットの公式サイト、楽天市場、アマゾンなどの大手通販サイトで購入することが出来ます。ケノンのエムロックは、10万円以下で購入できるので、経済的な負担を減らすことが出来ます。デリケートゾーンや顔などの部位も脱毛出来ます。

ケノンの家庭脱毛器に関しては下記の記事で口コミとともに詳しく解説していますのでご覧ください。
【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

【脱毛ラボホームエディション】脱毛ラボ

脱毛効果が高いと言われている家庭用脱毛器の1つが脱毛ラボから発売されている脱毛ラボホームエディションです。脱毛ラボはもともと脱毛サロンを運営している会社です。脱毛サロンをやりながらもお店に来ることが難しい、自宅で脱毛をしたいという方のためにサロンでの知識を活かし家庭用脱毛器を開発。

脱毛ラボホームエディションの照射パワーは脱毛サロンと同じ強さで、業務用のパワーを搭載している脱毛器です。出力パワーも5段階で調整できるので部位によって使い分けることもできます。

出力パワーが高いだけでなく、脱毛ラボホームエディションには冷却クーリング機能がついているため照射前後のケアが簡略化。脱毛サロンが開発した脱毛器なので安心感がありますし、照射パワーの小生やクーリング機能があることで手軽に脱毛できるます。そのため継続して脱毛することができる脱毛器なので多くの方に支持されているのでしょう。

【シルクエキスパート】BRAUN

シルクエキスパートは男性用のひげ剃り用電気シェーバーで有名なBRAUNが開発した家庭用脱毛器です。本体交換型ですが、シルクエキスパート1台で約22年分の全身のムダ毛ケアを可能とした寿命の長さが大きな特徴。

小型で丈夫な本体交換型が欲しいけど、コスパや寿命が気になって手が出せなかった、という方にぜひおすすめしたいのがシルクエキスパートです!出力レベルは10段階と細かく調整できますが、肌の色に合わせて自動で光を調整できるフラッシュ自動調節システムが搭載されているので、面倒な照射パワーの調整の必要はほとんどなし。

照射パワーは最大6ジュールですが、IPL方式という脱毛サロンでは頻繁に使われている光を採用しているので、脱毛しながら美肌ケアもできます。照射スピードも早いので、短時間で全身のムダ毛お手入れ可能です。

【LAVIE】ラヴィ

光エステ脱毛器のLAVIEは、エステサロンなどで使用されているIPL脱毛器です。IPL脱毛は、一般的な光脱毛に比べると痛みが少なく、美肌効果が高いのが特徴です。専用のカートリッジが付いているので、脱毛をする前に取り付ける必要があります。

光脱毛器のLAVIEは、毛根からきれいにむだ毛の処理が出来るので、毛穴が目立たず、黒ずみなどを防ぐことが出来ます。美肌効果の高い脱毛器なので、顔や脇、デリケートゾーンなどのむだ毛の処理が可能です。光エステ脱毛器のLAVIEは、出力を調整することが出来るので、脱毛したい部位に合わせやすいです。

剛毛で悩んでいる人はもちろんですが、薄い毛や産毛などもきれいに処理が出来るのが特徴です。インターネットの公式サイト、楽天市場、アマゾンなどの大手通販サイトでも購入することが出来ます。

【トリア パーソナルレーザー脱毛器X4】トリア

脱毛効果が高いと言われている家庭用脱毛器の1つがトリアのトリア パーソナルレーザー脱毛器X4です。トリア パーソナルレーザー脱毛器X4は脱毛クリニック(永久脱毛)で用いるダイオードレーザー技術を開発したレーザーの専門家によって開発された家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器では珍しいレーザー式を採用。※一般的な家庭用脱毛器は光脱毛といわれるものでレーザーよりも照射パワーが弱い。

アメリカでは日本でいうところの厚生労働省(FDA)の許可も受けており、トリア パーソナルレーザー脱毛器X4の安全性も証明されています。これまで家庭用脱毛器を使ってきて思うような効果が得られず、より強い照射パワーで脱毛をしたいと考えている方にはピッタリの脱毛器かもしれません。

家庭用脱毛器の効果はいつから実感できる?のまとめ

家庭用脱毛器の効果はいつから実感できるのか?この記事では家庭用脱毛器を使い脱毛をした場合、いつから脱毛効果を実感できるのかということを解説してきました。結論から言うと、使い始めてから2~3ヶ月で効果を実感できるようになるイメージです。

もちろんメーカーが推奨する使用頻度に沿って脱毛をしていく必要があります。また、毛の量や濃さなどによって脱毛効果の出やすさ、出にくさは変わってきます。実感できる効果はどうしても個人差がでてしまいます。

ただこれは脱毛に限ったことではなく、ダイエットや筋トレも同じことが言えるでしょう。毛の状態に応じて継続していくことで期待する脱毛効果を得ることができます。焦らず自分にあったペースで脱毛をしていくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました