【家庭用脱毛器の頻度】週1回?毎日?いつ使うのが効果的?

【家庭用脱毛器の頻度】週1回?毎日?いつ使うのが効果的?脱毛
【家庭用脱毛器の頻度】週1回?毎日?いつ使うのが効果的?

家庭用脱毛器メーカーごとの使用頻度のまとめ

多くの脱毛器は1~2週間に1回の使用を推奨している

多くの家庭用脱毛器は、それぞれに適して頻度があります。これは脱毛器の種類や使用している脱毛方法によって違うので、いろいろです。ほとんどの場合、1〜2週間というのが多くなっていますので、これを守るのが原則です。

種類によって、推奨される頻度が違うので、それぞれの決まった頻度に応じて行うことが大切です。多くの方は、できるだけ早く脱毛を完了したいので、詰めてやってしまいがちなのですが、これはNG行為です。

あまりにも頻繁になってしまうと、肌にダメージを与えたり、脱毛のできにも逆効果になってしまうこともあるので、推奨されている頻度で行いましょう。脱毛サロンのように、予約の必要もないので、自宅で好きなときにできるのがメリットとなっています。

毎日の使用はお肌への負担が大きいのでNG

サロンやクリニックと違って家庭用脱毛器なら自宅で使えるから、毎日やったら脱毛効果スゴいんじゃないの?と思う方も多いと思います。しかし、毎日家庭用脱毛器を照射するとお肌への負担が大きいので基本的にNGです。

メーカー側も家庭用脱毛器を毎日使うもの、としては設計開発していません。「私は肌が丈夫だから毎日でも大丈夫」という方でも、実際に家庭用脱毛器を照射すると見た目は変わらなくても、肌の内部はけっこうダメージを受けています。

肌がいくら丈夫でも、毎日使うとヤケドする可能性がありますし、最悪ヤケド跡が残ってしまう恐れも。いくらムダ毛がなくなって肌がキレイになっても、ヤケド跡が残ってしまったら本末転倒です。また毎日使っても、1~2週間に1回のペースでも、ほとんど脱毛効果は変わらないのです。

それどころか、毎日使うと家庭用脱毛器のランプやカートリッジが消耗してしまうだけで、コストパフォーマンスが非常に悪くなります。どうしても毎日家庭用脱毛器を使いたい場合は、今日は足、明日は腕、といったように、違う部位を照射しましょう。

同じ部位に連続して照射しなければ、毎日家庭用脱毛器を使っても問題ありません。照射し忘れた場所だけ翌日照射するのもOKです。ただし、前日に照射した部分に光やレーザーが当たらないように注意して行ってください。

継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてくる

毎日やらないと効果がでないのでは?そんなに感覚を空けて本当に効果があるの?と思われているかもしれませんが大丈夫です。脱毛のペースは、多少あていいても効果を台無しにしてしまうことは全くありません。

脱毛の休みの期間が、肌の新陳代謝と整えて、脱毛に適した状態に回復させるのに必要な期間なので、次の脱毛期間が空いたからといって、脱毛の効果が上がらなくなってしまったり、元に戻ってしまうようなことはありませんよ。

最初は、次の脱毛までにあまり変化が感じられなかったり、産毛が生えてきてたりして、次の使用が待ちきれないかもしれませんが、心配無用です。これは最初のうちだけで、徐々に効果が定着してきますよ。    

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射する!やりすぎはNG!

成長期の毛は全体の20%しかありません

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射するのが効果的ですが、毛周期の中でも家庭用脱毛器の照射効果があるのは「成長期」の毛だけです。体毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3段階のサイクルがあり、この3つの期間をずーっと繰り返しています。

毛は全身様々な場所に生えていますが、毛周期のサイクルは部位ごとに同じというわけではなく、毛1本1本ごとに異なります。個人差ありますが、一般的に成長期の毛は全身の毛の中で約20%しかありません。

だったら成長期の毛が多い部分だけ狙って照射すれば効果的では、と思いますが、見た目では毛周期は分からないのです。成長期は約2~8週間に一度のペースでやってきます。なので最初はあまり毛周期のことは気にせず、2週間に1回の頻度で家庭用脱毛器を使ってもらうのがおすすめです。

時期に限らず約20%は成長期の毛なので、必ず照射効果は期待できますので。逆にやりすぎても約20%のムダ毛にしか効果がないので、やりすぎは肌への負担とカートリッジの消耗にしかならないのでおすすめできません。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない!

家庭用のレーザー脱毛は成長期の毛にしか反応しないので、成長期に入ったタイミングで脱毛をすれば最も効果的です。先ほどお話ししましたように、ムダ毛は1本1本違うタイミングで生え変わっているので、一度に全ての毛を脱毛することは不可能です。

同じ部位でもサイクルの時期が違うので、何度もレーザーを照射することでようやく効果がでてきます。退行期の毛があとから生えてくることもあるので、これが脱毛をしても毛が生えてくる理由ですし、何度も脱毛のレーザーを繰り返さないいけない理由でもあります。

どの毛がどのサイクルにあるのかは、目で見てわかるものではないので、ひたすら何度も照射を繰り返しながら、全ての気を完全に脱毛していくことになります。

毎日使用しても効果なし!ムダ毛が生えてくる1~2週間間隔で照射しよう

脱毛をしている方のなかには、できるだけ早く脱毛をしたいからといって、毎日脱毛をしている人がいます。これは危険なので、絶対にやめた方が良いです。毎日照射することにより肌への負担が増え、火傷や埋没毛といった肌トラブルが起こる可能性があります。

効果は、ほとんどかわらないので、毎日やる必要はありません。そしてそればかりか、肌を傷つけて火傷になることがあります。特に顔や腕、足など、目に見える場所に火傷ができてしまうと、かなりショックです。

そして、わきやデリケートのお肌はさらに弱くて薄いので、このダメージが酷くなりがちです。ひどければ、一緒の傷跡が残ってしまうような大事にいたることもあるので、絶対に毎日やらないことです。適度な間隔は、1〜2週間に1回です。

毛が薄くなってきたらムダ毛が気になる時だけ使用しよう

多くのメーカーが推奨している家庭用脱毛器の使用頻度である1〜2週間で一回のペースで照射していると個人差はありますが徐々にムダ毛が薄くなってきます。ムダ毛が薄くなってきたら、使用頻度を少なくするのがおすすめです。毛の濃さや体の部位によっても変わりますが、目安としては12週間経っても照射前に比べてムダ毛が全然生えてきていなければ、使用頻度を下げていいと思います。

個人差があるので明確な判断基準はありませんが、毛がほとんどないところに照射してもカートリッジの無駄打ちになってしまうので、少しでも毛が薄くなってきたなと感じたら使用頻度を下げたほうが、より効率的かつコスパ良く家庭用脱毛器が使えるでしょう。本当にムダ毛が少なくなってきたら、ムダ毛が気になった時だけ照射するといった形でオッケーです。

家庭用脱毛の使用頻度についてQ&A

毎日使用した方が早く効果が現れますか?

毎日使用した方が効果が早く現れますか?とか、なかなか効果が出てこないので、頻度を多くしてもいいですか?というのなことを聞かれることがあります。これは答えから言いますと、ノーです!頻度が多い=効果が高くなる、と思われている方も多いのですが、実はこれはかなり間違えた認識です。

一度照射した部位に何度照射しても、あまり意味がありません。照射するのは、その照射の効果が薄れてきた時です。照射をして、発毛を抑制しているところへ同じことをしても全く無意味です。

この効果がなくなってきた、1ー2週間後にするのがベストタイミングです。既に効果があったところへ照射することは、肌に無駄な負担がかかるだけの結果となります。

どのくらいの期間で効果を実感できますか?

効果を感じ始めタイミングは、だいたい5回目ぐらいから、変化を感じはじめます。この効果は、最近ムダ毛の処理をしなくても毛が伸びてこなくなったとか、ほとんど無駄処理をしなくてもよくなったというような感想を持たれると思います。

10回目ぐらいになると、ほぼどの方もあれっ?最近全くムダ毛処理してないよ。というような確実な効果が現れてきます。この効果の実感は、多少個人差がありますが、10回以上をすぎると、確実に効果がでてきます。

個人差の有無は、もともとの毛の量や毛質によってかわってきます。あとは、部位によってもかわります。もともと毛が太い部位は、効果も出にくいです。デリケートや脇は、毛の量が多いので、最後まで自己処理が必要になります。

毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?

ヤケド、乾燥、埋没毛、毛嚢炎、赤み、かゆみ、痛みといった様々な肌トラブルが高い確率で出るようになります。「家庭用脱毛器なら店舗で受ける脱毛と違って光の出力も弱いからそこまでひどくならないでしょ」そう思われる方もいるかもしれません。

しかし、肌の質にもよって変わりますが、肌の丈夫な方でもヤケドしますし、肌が弱い方だったり体調が悪い時に毎日使ったりしていると火傷ではなくやけど跡が残ってしまう恐れもあります。家庭用脱毛器で照射した後は、見た目は特に変わりがなくても、肌の内部は想像以上にダメージを受けています。

ダメージにより乾燥しやすくなっているので、照射後は乳液やクリームなどでしっかり保湿ケアをすることが大切です。

1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?

カミソリでの自己処理はできるだけ避けましょう。肌の負担を考えて電動剃刀で行っていきます。1~2週間間隔をあける場合は、実際に自分の肌を確認してくださいね。もしもムダ毛が見えるのであれば肌トラブルの原因となりますので自己処理してから照射していきましょう。

絶対にではないのですが、できれば脱毛後は、肌は休めて、何もしないのが肌にとっては一番よいでしょう。それは脱毛後のお肌はかなりデリケートになっているので、スキンケアやボディケアクリームで肌を労らないといけないからです。

そのようなタイミングで、剃刀を肌に充てることは、あまりはだにとってはいいことではありません。デリケートになっているお肌にさらに負荷をかけることにもなりかねません。何回か脱毛をしているうちに、ほとんど自己処理が不要なレベルになりますので、最初のうちは剃刀と併用しても問題ありません。

継続して使用しないと効果はありませんか?

脱毛の期間の継続ですが、これは本人が納得いくまで継続した方がいいでしょう。途中でやめてしまうと、またムダ毛が生えてきて、効果が定着する前に、やめてしまうとあまり意味がありません。効果がある程度定着したら、期間を少し空けていきましょう。

はじめは週1~週2のペースで行っていきますが徐々に1か月・3か月とペースを落としていくことをおすすめします。自己処理をしていて、もう自己処理がいらないなと思ったら一旦やめて、しばらくしてもしムダ毛がはえてきたら、脱毛を再開しましょう。

残念ながら家庭用脱毛器で永久脱毛をすることはできませんので継続は必要となります。人によっては、一度脱毛を終えたら、全くムダ毛処理がいらなくなる人もいるので状況に合わせていきます。

家庭用脱毛器の使用頻度のまとめ

家庭用脱毛器の使用頻度についてまとめてきました。家庭用脱毛機は多くのメーカーから様々な商品が販売されていますが、どのメーカーも基本的に1〜2週間に1回のペースで使っていただくことを推奨しております。

これはムダ毛の毛周期に合わせて家庭用脱毛器を使うのが最も効果的だからです。毛周期の中でも成長期の毛にしか家庭用脱毛器の光は脱毛効果が期待できません。成長期以外は家庭用脱毛器を使ってもほとんど効果がないので毎日使うことは意味がありません。

むしろ肌トラブルや脱毛器の寿命を縮めてしまうといったデメリットばかりです。家庭用脱毛器をたくさん使うよりも、脱毛前の自己処理や脱毛後の 保湿ケア、日常の紫外線対策といった部分に力を入れてしっかり行うことで肌トラブルを避けて綺麗な脱毛に仕上がります。数多くの家庭用脱毛器の中でもケノンはネット上の口コミでも評価が高く使用頻度などもわかりやすいので、迷っている方はケノンがおすすめです。

【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

タイトルとURLをコピーしました